>>戻る

斎藤洸(SNARE COVER)×原田早知(Kram!)スペシャルインタビュー

 
原田:『地球』はソロワークとなってから、初の音源になりますね。予想以上に早いリリースで驚きました。
 
斎藤:とにかく早く音源を出したかったんです。『地球』は制作中のアルバムの1曲として出来た曲で、タイトル曲にしようと思っていたわけでもなかった。でも去年の夏、東京でのライブで初めて演奏した時、お客さんの反応があまりにもすごくて。「この曲の音源が欲しい」「この曲は人を変える」とか「オリンピックで使われたらいいと思う」なんてことまで、すごく強く伝えてくれる人が多かったんです。こんなことってあるんだな、こんなにも人の感情を動かす力がこの曲にあったんだって。
『ピルグリム』(2012)以来、リリースが出来ていなかったのもあって、そろそろアクションを起こさないと自分も落ち着かないし、いつも聴いてくれるお客さんにも申し訳ない。本当はアルバムとかミニアルバムだったらベストだったんですけど、今回はどうしてもむずかしくて。シングルでも『We』くらいの、自分でも絶対間違いないと思える曲を入れれば形になるかな、と思ってカップリングに決めました。
 
原田:斎藤さんの曲からはいつもすごくエネルギーを感じるんですけど、その中でも『地球』が大きく人の心を動かした理由のひとつに、歌詞があるのかなと思うんです。斎藤さんが歌っていることはずっと“生と死、愛”で変わっていない。だけど『地球』はこれまでにないくらいストレートに歌詞を書いている。だから、今までリスナーがイメージとして感じていたものを真正面から受け止めて、“この人はこんなに大きなことを歌ってたんだ”って、初めてわかったのかも知れないですね。
 
斎藤:それはあるんじゃないかと思いますね。今まで僕にとって歌詞は、そこまで重要じゃなくて。メロディに載せる言葉は文章とかポエムとは違って、若干わからなくてもいいものだったんです。語呂のセンスと少し奇抜な言葉選びによって、自分が満たされる感覚っていうのがあったし。ストレートに見せるのは、裸みたいな状態で恥ずかしいという気持ちもあった。でもそこをあえてさらけ出す、恥ずかしくないと思うことが今の音楽との向き合い方というか、真摯に出来ることだと思ったんです。自分にとって本当のことを書こうとすると、すごくシンプルになるんですね。社会的なことでも俗的なことでもなくて、根源的な生と死、愛。
あと、メンバーが脱退して、ひとりになった覚悟みたいなものがあったと思います。ひとりになってから初めて完成させた曲なんですよね、『地球』って。今の自分がいちばん伝えられることはこれだ!っていう確信があった。だから聴いてくれる人に、ちゃんと意味を受け取ってもらわないと意味ないな、と。『地球』は、そうやってよかったと思っています。
 
原田:紆余曲折を経て、シンプルに自分の歌を力強く出せば、打って出られるんだというところに辿り着いたんですね
 
斎藤:そうですね。“歌”を聴かせないと意味ない。『地球』はドラムとかのリズムもすごくシンプルに作っているし、『We』はアコースティックだし。音源でもライブでも、基本的に自分ひとりで出来ることをやっていくつもりで。どうしても必要っていう時にサポートの方にお願いしようと思ってるんですけど、今回バイオリンは絶対必要だと思ったんです。リズムはトラックで作ったけど、少しアナログっぽいサウンドに寄せたかった。
制作は順調に進んだんですけど、最終的に歌入れをしたものを聴いたら、ぜんぜん物足りなくて。これに加えるなら、声だなと。生の音ってどうやってもソフトに勝るものがあって。全部ソフトで作ると解像度はきれいになるけど平面的で、生の音をひとつ入れるだけでいきなり空間が広くなる。そういう魔法が起こるんですね。その感じがどうしても欲しくて。たぶん聴こえてるのか聴こえてないのかっていうくらいの音量だったりするんですけど、2声を23度くらいズラして重ねるとちょっと異様な音になるんです。リズムも最終段階で「ハッ」「チッ」みたいな声を加工して使ってもらっていて。エンジニアの西田(裕貴)くんがすごくがんばってくれました。イメージとしてSia の『Alive』を聴かせたら、「僕、ちょうどそれダウンロードしてました」って。同じこと考えてたんです()。音数は少ないけど、奥行きがあってすごくフィールドの広い感じを共有できた。それで、ああいう音像になりました。
 
原田:BENBEの貞廣萌夏さんとのコラボレーションも、素晴らしかったです。
 
斎藤:彼女は若いんですけど、すごく真面目に音楽に取り組む人で。ここまで本気でやってくれるんだって感動したくらい。出会ったのはカフェでの対バンなんですけど、ちょうど『We』にストリングスを入れようと思ってた頃で。萌夏ちゃんが演奏してる姿を見て、『We』に何層もバイオリンを重ねてる様子がバーッと浮かんだんです。バイオリニストってクラシカルで敷居の高いイメージだったんですけど、彼女はそれこそ草原が浮かぶような感じで。その時は一緒にやってもらえるか打診した程度だったんですけど、いざ一緒にスタジオに入ったとき、ギリギリに音源を渡したのに、ほとんど弾けていて。バイオリンの持ち方も完全に自己流で、ギターみたいにしてて。「ほんとはこれだめなんですけど、このほうがやりやすいんです」って。そういうところもおもしろくて。そこでイメージがわーっと湧き上がりましたね。何を頼んでも僕の言うことを信じて、楽しんでやってくれました。
 
原田:アートワークや、ロゴデザインも素敵ですね。
 
斎藤:アートデザインの鈴木美絵さんは、以前からお互いにファンで。どの絵もリアルなんだけど、ちょっと独特のエッセンスがあるんです。貝殻の内部に絵画を描くというオリジナルの表現も素晴らしいし、精力的に個展を開いていて、日本だけじゃなく海外にも出展したり、グローバルな取り組みをしている。僕は心から尊敬しているし、刺激を受けているんです。いつかCDのジャケットを描いてもらいたいと思っていたので、今回満を持して。時間もあまりない中で描いてくれて、本当に感謝しています。
ロゴを書いてくれた山下マサキさんはFOOLAってバンドをやってる方なんですけど、アートも素晴らしくて。“雪が降り積もった枝をイメージして書いた”っていう習字を見た時に、すごいセンスあるなぁと思ってずっとマークしてた()。『地球』は全部自分の理想を形に出来た、特別な作品になりました。
 
原田:今回、改めて斎藤さんの歌のすごさを実感したんですけど、以前からどこか神懸ってるというか、常人離れしたものを多くの人が感じている。それは何故なんでしょう。
 
斎藤:う~ん、確かに『We』のMVを観ても「ちょっと怖さを感じる」とか「悲しみを感じる」とか人によっていろんな印象を持つみたいで。例えば愛情の歌なら愛情の歌として表現して、お客さんを完全に安心させるんじゃなくて、もっとエッセンスを出さないとおもしろくないというか。もっと深いよ、もっと突き詰められるものなんだよ、ってそういうものを感じながら歌うところはあると思います。1曲の中でも、ライブ全体としても。歌に対して本気で真剣に向かえば出るはずって。そういうことは、いつも意識するようにしてますね。
 
原田:この頃、斉藤さんはSNSで自身の歌を「自信がある」と公言してますよね。今までも決して自信がなかったわけではないと思うんですけど、ここまではっきり言うようになったのは?
 
斎藤:本当に今がいちばん声もよく出るし良い状態なんですけど、ここまでかかっちゃったという感じなんです。ちゃんとモチベーションを下げずにがんばっていれば、今だ、闘える!っていう状態になれると信じてた。それに今なったっていう感じです。あとはやるだけ、みたいな。以前何度かドラムのサポートをしてくれたエミリオ(葉緑体クラブ)もすごくスネアカバーのことを気に入ってくれて。彼はシカゴ出身なんですけど、「アメリカで絶対通用する。海外に向けてやったらいいよ」って言ってくれて。ソロになってもスネアカバーって名前を残したのも、これがずっと続けてこれたもの、責任であり意地っていうか()。そのままの名前で続けることは、僕にとって大事だったんです。
 
原田:世界規模コンテストのエマージェンザに挑戦したのは、その一歩ですね。
 
斎藤:そうですね。今までは変に考えすぎてたり、ちょっと自信のないところがあったと思うんですけど。流れに身を任せて「いつかどうにかなるだろうな」みたいな感覚じゃなく、迷いなく自信を持って向かわないと絶対だめだなって身に沁みてわかってるんで。挑戦しなかったら、ドイツでのライブの可能性もない。なんで今までやらなかったんだろうな、っていうくらいの気持ちなんです。ずっと前から日本だけじゃなく、海外でもやりたいっていうのが目標だったから。海外で演奏してる自分も想像してるし、歌や作曲能力も少しずつ上がってると感じてるし。自分の音楽がもっと大きなフィールドに出た時、どうなのか?っていうことを確かめたい。そのためには、自分が本当におもしろいと思った感覚を信じてやる、それがいちばんだと思っています。 
 
インタビュー:原田早知
Kram!>>http://k-ram.jugem.jp/